おすすめアイテム キャンプ

【テツコウモリ】家でも、キャンプでも。木材だけでシーンに合わせたテーブルを簡単にDIY

こんにちわ!じまろーです。

キャンプのテーブルを如何に簡単に自分サイズのものにできるかってのが、悩みです。

今回は、自分に合ったサイズのキャンプテーブルを超簡単に作れるアイテムを紹介します。

これさえあれば、木材の端材でも簡単にテーブルが作れます。端材は、ホームセンターなどで安く売ってますね。

 

この記事は下のような方に向けて書いています。

こんな方におすすめ

  • テーブルのレパートリーを増やしたい。
  • 木の香りが好き。
  • 自分の欲しいサイズのテーブルじゃないと嫌だ。
  • 木を切るのは面倒くさい。
  • できれば、簡単で安く作りたい。

テツコウモリとは

テツコウモリとは、井上金物さんの製品です。

屈強な金属製のコネクターです。木板を自分の思うとおりに挟んでつないで、自分サイズ、自分オリジナルのアウトドア家具をキャンプフィールドで組み立てることができます。

付属の六角レンチで1本のボルトを回すだけで板を挟み込み接続できます。対応する木板の厚みは12mmから20mmまで

木板はホームセンターで入手可能な薄い板なので自分でノコギリでカットしたり、ホームセンターで切ってもらって用意してください。

と、紹介されています。以下で購入可能です。

  

  

材料

まず、材料は、簡単なのでワンバイ材を使用します。

ワンバイ材は、ホームセンターでカットしてもらえるので、お近くのホームセンターで、上の寸法にカットしてもらってください。

1カットあたり30円程度です。(店によってカット料金は異なりますので、お近くのホームセンターでご確認ください)

ワンバイ材は、カット付きでネット購入も可能です。送料が高くなってしまうのが難点ですが、カット済みの木材が家に届くのは楽ですね。

 

塗装が面倒!と思われる方は、塗装済みのワンバイ材も購入可能です。カットもしてくれて、いい時代ですね。

 

必要工具!

木材カットは、ホームセンターの購入時か、ネット通販の注文時に依頼できるので、不要です。

必要なのは、やすりがけですね。大人しか使わないなら、端っこの角だけダイソーで紙やすり買ってきて削るだけでOKですね。

必要工具

  • サンダー(電動やすり)

電動工具は、頻繁に使わないのであれば、コーナンのレンタル工具が便利です。安いです。

やすりの2泊3日レンタルで、660円(税込み)です。

サンドペーパーは、購入が必要です。

  

  

簡単テーブル紹介

それでは、簡単に家にあった端材を使ったテーブルを作ってみました。

ローテーブル①

材料

  1. ワンバイ材(SPF材)の[1×6](ワンバイシックス)
    ・750mm×2枚(天面)
    ・280mm×2枚(脚)
  2. テツコウモリ 90°(4個)

天面のテーブルの長さは自由に変更してください。

また、脚の高さは、ワンバイ材の[1×8][1×10][1×12]を使用することで変更可能です。

ワンバイ材 【約19×184×910mm】 [1×8] ( DIY 木材 1x8 角材 カット可 無塗装 ワンバイエイト )

ワンバイ材 【約19×235×2440mm】 [1×10] ( DIY 木材 1x10 角材 カット可 無塗装 ワンバイテン )

ワンバイ材 【約19×280×1200mm】 [1×12] ( DIY 木材 1x12 角材 カット可 無塗装 )

作り方は超簡単。付属の六角レンチで、板材の端と端を合わせて固定するだけです。かなり、がっしり固定されます。安心の強度です。

ローテーブル②

天面を広くしたいなら、テツコウモリ180°を連結して広いテーブルが作れます。

材料

  1. ワンバイ材(SPF材)の[1×6](ワンバイシックス)
    ・750mm×5枚(天面&脚)
  2. テツコウモリ 90°(4個)
  3. テツコウモリ 180°(4個)

テツコウモリの180°も取付は簡単。

  

ベンチ椅子

材料

  1. ワンバイ材(SPF材)の[1×6](ワンバイシックス)
    ・750mm×1枚(天面)
    ・280mm×2枚(脚)
  2. テツコウモリ 90°(2個)

上で紹介したローテーブル①の天面と脚、同じものを使ってベンチも作れます。

頼りなさそうに見えて、大人が座ってもOKです。

このベンチは、キャンプのときの焚火用のテーブルとしても使用可能です。

 

カウンターテーブル

材料

  1. ワンバイ材(SPF材)の[1×6](ワンバイシックス)
    ・750mm×4枚(脚)
  2. パイン集成材(幅350mm×厚み18mm×長さ600mm)
  3. テツコウモリ 90°(4個)

端材のパイン集成材があったので、ワンバイ材と組み合わせてカウンターテーブルを作ってみました。

ワンバイ材の厚みが19mmに対して、パイン集成材の厚みは18mmです。厚み違いが取り付くか確認しました。

結果、強く締め付けると固定できます!

それでも、無理しないで連結する板厚は揃えた方がいいと思います。

  

まとめ

いかがでしょうか?

家にあった端材の組み合わせを変えるだけで、これだけのテーブルやベンチ椅子が作れました。

ファミリーキャンプ用と、ソロキャンプ用、脚と天面など、それぞれ流用できるサイズで木材カットしてもらって、車に積んでおくと、シーンごとに最適なサイズのテーブルが作れます。これがいいですね。

注意点は、固定用の六角レンチを紛失しないようにすることです。

もっと手間をかけると、かっこいいテーブルも作れます。

井上金物さんのサイトから、図面もダウンロード可能です。

IRONOA 図面ダウンロード 

非常に簡単なので、1家に1セット、オススメのギアです。

  

-おすすめアイテム, キャンプ
-