おすすめアイテム 食べ物

健康にいいノンアルコールビールおすすめ飲み比べ【2021下半期】ヴェリタスブロイ超え?ビアリーとも比較!

2021年10月23日

こんにちわ!じまろーです。

ノンアルコールビールにはまって1年。これまで毎日「ヴェリタスブロイ PURE&FREE」を愛飲してきました。

2021年3月時点のノンアルコールビール比較で、ぶっちぎり1位だったわけです。前回のノンアルコールビール比較は下の記事をご覧ください。

おいしい無添加ノンアルコールビールがあった!合言葉はドイツ直輸入。おすすめ飲み比べ【2021上半期】

こんにちは!じまろーです。 わたしは、現在、お酒を断っています。 いや~、最初はつらかった! しかし、今は飲まない生活も悪くない、いや飲まない生活のが全然いい!と思えるようになりました。そう思えるよう ...

続きを見る

ヴェリタスブロイは、のど越しが軽くて、夏の暑いときにグビっと飲むのは最適ですね。

私は、この軽さが好きで毎晩のように飲んでいるのですが、毎日飲むと、やはり違う味がほしくなるものですね。

そして、涼しい季節は、もう少ししっかりしたのも飲みたくなります。

そこで、探してみました。

選定条件は、下のとおりです。

  • 香料・人口甘味料など無添加
  • アルコール度数:0~0.5%
  • インターネットで購入可能

今回も、香料や人口甘味料など無添加で、なんといっても「おいしい」安心と味を両立できるノンアルコールビールを追い求めました。

最近は、店舗で買うよりもネットである程度数量まとめて購入する方が安いこともあり、インターネットで購入するようになりました。

この記事は、こんな方におすすめ

  • 香料・人口甘味料無添加のノンアルコールビールを探している。
  • ノンアルコールだからと味に妥協はしたくない。
  • 値段が高くても、とにかくおいしいノンアルコールビールをくれ。
  • もちろんアルコール度数0%がいいが、0.5%までなら許せる範囲。

  

無添加ノンアルコールビール、エントリーはこの4本!

探し当てたツワモノたちが下の4本です。

写真左から

  1. ヴェリタスブロイ PURE&FREE:ドイツ
  2. ビットブルガードライブ:ドイツ
  3. BEERY(ビアリー):アサヒビール(日本)
  4. ヴォルファス エンゲルマン:リトアニア

それでは、それぞれのビールの原材料や飲み比べた感想を解説します。個人的な意見入ってます。

  

ヴェリタスブロイ PURE&FREE

  • 原材料:モルト、ビール酵母、ホップ、天然水
  • アルコール度数:0.0%
  • 内容量:330 ml
  • カロリー:12 kcal(100mlあたり)
  • 原産国:ドイツ
  • 製法:脱アルコール製法
  • カルディや酒のやまやで入手可能です。
  • 飲んだ感想:色は薄めですが、しっかりビール。少し軽めでのど越しgood! 苦み、酸味、甘味のバランスがいいです。一口目から後味まですべてうまいビール。暫定1位のビール。何度飲んでもうまい。
ヴェリタスブロイ PURE&FREE

  

ビットブルガードライブ

  • 原材料:麦芽、ホップ
  • アルコール度数:0.05%以下
  • 内容量:330 ml
  • カロリー:22 kcal(100mlあたり)
  • 原産国:ドイツ
  • 製法:脱アルコール製法
  • 1813年に設立された歴史ある醸造所の1つです。ドイツ西部にある名水の郷ビットブルクに位置します。
  • 飲んだ感想:おぉ!ビール。これ、ビールです。感動します。ヴェリタスブロイよりも苦みが少しだけ強くでていて、酸味と苦み、甘味のバランスがこれまた最高。アルコール度数0.05%以下と思えない。しかも瓶でグビっといけるというのが雰囲気出ますね。。
ビットブルガードライブ

  

BEERY(ビアリー)

  • 原材料:麦芽、スターチ、麦芽エキス、ホップ、大麦、コーン、米、炭酸
  • アルコール度数:0.5 %
  • 内容量:350 ml
  • カロリー:33 kcal(100mlあたり)
  • 原産国:日本(アサヒビール)
  • 製法:脱アルコール製法
  • 日本初の脱アルコール製法を採用!
  • コンビニ、スーパーで入手可能。入手性は◎
  • 飲んだ感想:一口目に甘味がきて、それから苦みがきます。日本のノンアルビールラインナップの中では、ダントツでうまいです。これが脱アルコール製法とアルコール度数0.5%の力か!と実感します。しかし、他の3点に比べると甘さが強く感じます。これは好みですかね。
BEERY(ビアリー)

  

ヴォルファス エンゲルマン

  • 原材料:大麦麦芽、ホップ
  • アルコール度数:0.5 %
  • 内容量:568 ml
  • カロリー: 14 kcal(100mlあたり)
  • 原産国:リトアニア
  • 製法:脱アルコール製法
  • ヴォルファスエンゲルマンは、リトアニアでは2番目に大規模なビールブランド。カウナスという都市で醸造。
  • コストコが輸入しているビールで、コストコで購入可能です。
  • 飲んだ感想:炭酸がしっかりきいて飲みやすく、味がしっかりしてます。ビアリーほどではないですが、少し甘味を感じます。量が多いのでグビグビいけるのがgood!

ヴォルファス エンゲルマン

  

無添加ノンアルコールビールを飲み比べた結果発表!

これらの4本を飲み比べて、結果は下のとおり!!

ちなみに、下記には、価格評価も記載していますが、ランキング順位は、香、味、のど越しの3点の「おいしさ」評価で決定しています。

1位:ビットブルガードライブ

  • 香り:
  • 味:
  • のど越し:
  • 価格:

うまい。感動。味は、ヴェリタスブロイを上回る評価です!
また、瓶でグビっといくのがいい!キャンプなどにもっていくなら、断然こちらではないでしょうか!
しかし、高いです。ヴェリタスブロイよりお高いのです。
毎日の相棒には向かないかもしれませんが、常備すると固く誓っております。
なんせ、おいしいですから。

2位:ヴェリタスブロイ PURE&FREE

  • 香り:
  • 味:
  • のど越し:
  • 価格:

ビットブルガードライブに1位の座を譲りました。いや、ほんと差は、微々たるものです。
価格を入れた総合点なら、相変わらずヴェリタスブロイが1位かもしれません。
あいかわらず、じまろー家ではダース買いです。

 

48本まとめ買いなら、さらにお安くなります。

  

3位:ヴォルファス エンゲルマン 

  • 香り:
  • 味:
  • のど越し:
  • 価格:

おしいい。リトアニアのノンアルコールビール。侮るなかれです。
上位2品がすごすぎです。
コストコで買えば、568ml缶24缶入りで2,698円です。1缶あたり、112.4円です。
楽天からも少しお高くつきますが、購入可能です。
このビールについては、コストコに足を運んで購入のがいいですね。

  

4位:BEERY(ビアリー)

  • 香り:
  • 味:
  • のど越し:
  • 価格:

おいしいです。4位ですが、かなりおいしいです。日本の他のノンアルコールビールと比べると段違いです。
ただし、今回は相手が悪かった、というしかないですね。
入手性がよいので、活躍する場所が大いにあると感じました。

  

まとめ

今回、レベルが高いです。4品すべておいしいです。

特に1位のビットブルガードライブと2位の ヴェリタスブロイ は、かなり甲乙つけがたいと感じました。

飲むシチュエーションで選んでもいいのかと思います。

  • ビットブルガー:キャンプやパーティなどのイベントで。
  • ヴェリスタブロイ:家飲み、ナッツなどに合わせて。少し脂っこいおかずにも。
  • ヴォルファス エンゲルマン:味がしっかりしているので、焼き魚や枝豆、鍋などにも合うかも。
  • ビアリー:外出先で急遽必要となったとき。

また、期待のアサヒビアリーは、海外ビール勢に後れを取ってしまう結果となりました。

やはり、脱アルコール製法の歴史の違いが影響しているのか。海外のビールと比較すると、コーンや米などが入っていて、それらが甘味と感じるのかなぁと思います。

しかし!日本で脱アルコール製法を採用するのはすごいことなんです!どれくらいすごいことかは、こちらの記事をご覧ください。

国内初!脱アルコール製法でノンアルコールビール商品化「アサヒ ビアリー」

こんにちは!じまろーです。 私的にすごいニュースが飛び込んできました。 アサヒビールは3月30日から「アサヒ ビアリー」(350ml/税抜181円、アルコール分0.5%、炭酸飲料)を首都圏、関信越エリ ...

続きを見る

アルコール度数、0.5%まで含んで比較しましたが、結果、アルコール度数が限りなく0%に近い2品が上位となり、0.5%含む2品が下位となりました。この4品で言えば、アルコール度数は関係ないと思います。

それなら、0.5%飲まなくても、0%でいいですよね。

じまろー宅では、ヴェリタスブロイとビットブルガードライブの常備が決定しております。

ヴェリスタブロイはそろそろ追加発注しないと。

  

 

-おすすめアイテム, 食べ物
-