健康的な生活 食べ物・飲み物

指を入れるだけで老化物質 AGEs(終末糖化産物)が測定可能。健康意識爆上げ。

2022年5月15日

こんにちわ。じまろーです。

身体にいいもの食べましょう生活をはじめて、はや2年。この食生活の効果があるのかどうか検証したくなりました。

そんなときに出会ったのが、AGEsセンサというものです。なんとAGEs(終末糖化産物)という老化物質の測定を簡易的にできるという代物。

実際に測定してみる機会がありましたので、報告します。

この記事は、下のような人に向けて書いています。

こんな方におすすめ

  • AGEs(終末糖化産物)って何ですか?
  • AGEsの蓄積量って測定可能なんですか?
  • 食生活改善したけど、はたして成果はでているのかどうか半信半疑です。

AGEs(終末糖化産物)とは

AGEs(終末糖化産物)

AGEsは「終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)」の略で、体外、体内の双方で生成される。

還元糖によるタンパク質の糖化反応(メイラード反応)によって作られる生成物の総称。簡単にいうと、タンパク質熱でくっついた物質です。

身体の様々な老化に関与する物質。現在、20種類以上見つかっている。

お肌のシミやシワといった美容面に良くないのはもちろん、血管や脳にもダメージをあたえると言われております。つまり、からだに蓄積されるとあまりよろしくないものです。

体内に蓄積したAGEsは、体外へ排出させるのが難しいと言われています。

メイラード反応

還元糖(ブドウ糖、果糖など全ての単糖、乳糖、麦芽糖などの2糖類)とアミノ化合物(アミノ酸、ペプチドおよびタンパク質)を加熱したときなどに見られる、褐色物質(メラノイジン)を生み出す反応のこと。

食品を焼いたときの褐色の焼き色や、醤油や味噌、コーヒーなどの茶褐色もメイラード反応によるものです。

  • 脂肪とタンパク質が多い動物由来の食品は、一般的にAGEが豊富です。
  • 揚げる、ローストするなどの水を使わない高温調理で大きく増加します。茹でる、煮る、蒸す、電子レンジ加熱などの場合は、比較的増えません。

  

AGEsセンサとは

この老化のバロメータとなってくれるAGEsを測定できる機器があるのです。すごいですね。

  

AGEsセンサの測定原理

気になるのは、どうやってAGEsを測定しているのかってことです。

このAGEsセンサを販売しているエア・ウォーター・バイオデザイン社の製品ページから確認すると下のような説明があります。

AGEs のなかには、特定の励起光を照射すると蛍光を放つ性質を持っているものがあります。この製品は、この性質を利用してAGEs を測定します。
測定部に挿入された指先に、励起光を光源からレンズを通して照射することで、指先から特殊な光(経皮蛍光)を取得することができます。
この特殊な光の量は、研究機関の血液分析により、体内をくまなく巡っている血液中のMG-H1(AGEs の一種)(注15)との相関が確認されており、間接的にカラダの中に存在するAGEs を測定できます。指先には、経皮蛍光を測定するときに問題となるメラニンがほとんど含まれないことから、肌の色や日焼けの影響が低い測定が可能です。

注15 : MG-H1:Nδ-(5-hydro-5-methyl-4-imidazolone-2-yl)-ornithine

この測定できる「MG-H1」というAGEsは、現在20種類以上確認されているAGEsのうちの1つで有名なものです。

  

AGEsの蓄積レベルを測定してみました。

なんと、わたしの働いているところで、このAGEsセンサが置いてあるじゃないですか。これは、すごい!と早速測定してみました。

年齢と性別を入力して、センサ部に中指を入れて、測定ボタンを押すだけです。

測定結果の見かたは下のとおり。A判定がいいってことです。

測定結果の見方

しばらくすると、右に設置されたプリンターから測定結果が出てきました。

測定結果

なんとAです!素直にうれしい!

自分の食に対する姿勢の効果が出ていると感じていますね。これは、モチーベションが上がります。

  

まとめ

いかがでしょうか。

定量的に数値として結果がでるというのは、健康への意識が上がって良いことだと思います。

そして、揚げ物を減らしたり、野菜や魚中心の食事にすることが、この結果につながっているのだと思います。自分のやっていることに自信が持てました。

わたしは、蓄積されたAGEsを体外に排出するのは超難しいと認識していたのですが、このAGEsセンサを販売するエア・ウォーター・バイオデザイン社の製品カタログでは、AGEsは減らせると記載があります。

AGEsを減らす方法は下の3点を挙げられています。

AGEsを減らすには

  • 適度な運動
    運動と筋力UPは糖の消費されやすくなる。
  • バランスのいい食事
    糖の摂取量を減らし、ベジタブルファーストの食べ方で血糖値管理。
  • AGEsをケアする食品
    食物繊維・ビタミンB群・クエン酸

もし、AGEsが減らせるなら、ますますモチーベーション上がりますね。定期的に測定して結果がどう変化するか確認しようと思っています。

今、食生活を改善して、本当に成果が出ているのか半信半疑なあなた。

このセンサは、調剤薬局など医療機関や、コンビニなどでも設置されているようです。もし見かけたらぜひ測定してみてください。

  

-健康的な生活, 食べ物・飲み物